どうやら、PC事業の再編の流れが加速しそうな雰囲気だ。

ソニー パソコン事業でレノボと提携交渉 NHKニュース

「ソニー」は、「VAIO」ブランドで展開するパソコン事業について、中国のIT大手「レノボ・グループ」と、海外事業を手がける新たな合弁会社を設立する方向で交渉に入るなど、事業の抜本的な見直しを検討していることが明らかになりました。

そういえば、昔々、IBMが始めたPC事業を引き取ったがレノボ。PC事業の方向性がよくわからなくなっていたNECと、PC事業の合弁事業を始めたのもレノボ、(行き詰まっている感のある)IBMのx86サーバ事業を引き取るのもレノボ、そして、やっぱりどうしようもなくなりつつあるSONYのPC事業の相談先もレノボだったようで。SONYのVAIOのブランド力もPC自体の需要の低下(…と、おそらくAppleのMac)には勝てなかったんだろう。

しかし、縮小気味だけどゼロにはならなさそうなマーケット、それも古くからやってる人が逃げだそうと考えているような状況におけるレノボの存在感はなんなんだ、と。行き詰まりかけてる人達がとぼとぼ相談しに行って、重い荷物を下ろしてくる…そんな駆け込み寺のような感じがなかなかステキだ。